かさばるキャンプ道具はDIYスペースですっきりお洒落に!

かさばるキャンプ道具はDIYスペースですっきりお洒落に!

2019年12月24日 0 投稿者: BushCraft☆LAB

キャンプにどっぷりハマるとシェラフにテントにランタンに・・・多くのキャンプ道具が増えすぎちゃって置き場に困る!なんて方も多いのではないでしょうか。かくいう私も賃貸の1DKに住んでいるのですが置き場にとっても困っていました。庭やガレージなんかがあったらな・・・なんて思っても妄想するだけで、何も進まないし賃貸でもうまく空間を作ってキャンプをインテリアに加えてしまおうと男前なDIYで悩みを解決です。

賃貸物件だと壁に穴を開けると退去の際にお金が取られてしまうので、部屋を色々とお洒落にできない!空間をうまく利用することができない!なんてお思いの方も多くいるとは思いますが、『安心してください!いいやり方がありますよ!!』ディアウォールと2×4を利用してベストなサイズで天井までの空間を自由に作ることができるのです。

高さは天井までで、横幅は左右が扉と絡むのでジャストサイズに奥行きは段々に変えていますが基本は一番下の方が一番奥行きをとる感じです。建築関係のカタログなどがあるので下段はキャンプとは関係ないものばかりです。キャンプメーカーのカタログも少しありますかね。

下から二段目はキャンプ道具(大)スペースですね。テント(ポーランド軍幕ポンチョ)やソ連軍タープ(プラシパラトカ)、あとは夏用、冬用のシェラフにエアマットですね。一段目ほどではありませんが奥行きを取っております。

三段目は散らばってますが・・・汗
斧やナイフなどをインテリアとしてかけてみてます。ディアウォールで壁を作ってしまえば、このようにサイズに合わせてビスが打てる!これ以上にないサイズになっちゃいます。カンブリアンランタンが控えめにいますが、いつもはテーブルに出てきて点灯されています。

四段目に五段目は、あまりキャンプとは関係ないものばかりですかね。先日、採掘してきたファットウッドもインテリアとして飾ってますが・・・分かる人にしか分からない(笑

S字のアイアンフックなどで横に掛けれるもの掛けてしまってます。タープポールなどは長さがあるので横掛けですね。もう3畳広かったらアウトドアショップのように登山ウェアやキャンプに来ていく服なども掛けるスペース作りたいくらいです。パイプかませば出来ちゃいますし、簡単だと思う。

俺氏的、かさばるキャンプ道具の収納術でした。壁や棚を作ってしまうという荒技のように見えますが意外と簡単にできるのでご興味があればチャレンジしてみましょう。地域によっては制作も承ります。キリッ