FJALL RAVEN (フェールラーベン)SINGI48買ってみた

FJALL RAVEN (フェールラーベン)SINGI48買ってみた

2021年12月13日 0 投稿者: BushCraft☆LAB

FJALL RAVEN (フェールラーベン)SINGI48

海外のブッシュクラフター達の服装やザックをチェックしていると一つのブランドが目に入った。
FJALL RAVEN (フェールラーベン)というスウェーデンのブランドで、登山やハンティングなどのブランドのようだ。私が知る限り、ブッシュクラフトの世界では一番YouTubeで成功しているのは彼であろうか。
彼のザックもFJALL RAVENのシリーズだ。
私の購入したザックよりもサイズが大きい65ℓのタイプ。172cmの日本人型な私は48ℓ位がちょうど良い。

FJALL RAVEN (フェールラーベン)SINGI48の開封レビュー


ツレが北欧の女の子でして・・・てへ。
現地のショップで買って送ってもらいました。
一つ一つ袋に入っている感じです。


開封の儀を終え、ダークオリーブ633の渋みに癒される。軍幕好きにはたまりません!!



•追加ギアを取り付けるためのデイジーチェーンウェビング有り。
•追加の収納スペースが必要な場合は、別売のSingi Side Pocket(23233)およびSingi Gear ingiシリーズは、トレッキング、ブッシュクラフト、ハンティングなどの幅広いアクティビティに向けた堅牢なバックパックで、この48リットルモデルは、環境に優しい木製フレームを採用。キャリングシステムは、背中の長さに合わせて簡単に調整でき快適な背負い心地を実現します。また、メインコンパートメントとトップポケットには十分な収納スペースがあり、Singi Side PocketやSingi Gear Holder(ライフルや釣り道具などを取り付けるためのアクセサリー)を組み合わせて使うことができます。
FALL RAVEN公式HP引用

Singiシリーズは、トレッキング、ブッシュクラフト、ハンティングなどの幅広いアクティビティに向けた堅牢なバックパックで、この48リットルモデルは、環境に優しい木製フレームを採用。キャリングシステムは、背中の長さに合わせて簡単に調整でき快適な背負い心地を実現します。

•G-1000 Heavy Duty Eco Sを使用した多目的に使える丈夫なトレッキングバックパック。
•FSC認証のバーチで作られた木製フレーム。
•背中の長さに合わせて簡単に調整できる頑丈なキャリングシステム。
•釣りやハンティング、ブッシュクラフトやその他のアウトドアアクティビティなど、さまざまなニーズに合わせた使い方が可能です。
•大型ジップポケットが2つ付いた丈夫なヒップベルト。
•スノーロッククロージャー付きメインコンパートメント。
•ジップ付きポケットが2つ付いた雨蓋。
•前面に物を固定するためにも使用できる、サイドコンプレッションストラップ。
•500Dの防水ナイロン素材とG-1000 Heavy Duty Eco Sを使用。
•追加ギアを取り付けるためのデイジーチェーンウェビング有り。
•追加の収納スペースが必要な場合は、別売のSingi Side Pocket(23233)およびSingi Gear Holder(23324)でカスタマイズ可能。
•ハイドレーション搭載可。
•レインカバー付。
•容量:48リットル


別途購入したサイドや背面につけるポケットを装着。
Singi Side Pocket2個とSingi Gear Holder1個。
装着部分がよくあるサボッタなどのマジックテープで絡ませるタイプではなく、下記のように紐にはめ込む?感じです。
強度とか気になっていたけど、大丈夫そうだ。
長らく使っていると切れちゃうのかなぁ。


紐自体は伸縮性がほぼないので引っ掛けるための棒?を入れるのには結構苦戦しました。基本的に留め具(カチャッと閉める部分)とかも固いです。外国仕様なのかな?


今まではkarrimorの30ℓのザックを使っていたのでザックの下にぶら下げて無理矢理持って行ったりしてました。
(左の写真にプラスでカンブリアンランタンも)


難なくパッキングは完了しました。48ℓ恐るべしですね!!ソフトのクーラーボックスと薪ストを手に持てば快適な軍幕ソロキャンプができそうです。
パラコードなんかはどこにでもつけれる感じですね。カラビナとか使えばもっといい感じになりそうですが、そこまで持ち物がもうない私には不要。


SINGI48の収納に関して


SINGI48の見所はなんだろうか。別購入で2種類のサイドポケットを色んな組み合わせで自分好みにできる事?
いや、側面が解放されることではなかろうか。


パッキングの際に重たいものや大きいもの(テントや寝袋)は下底に押し込めていると思います。キャンプ場に着いた際にやる事といえばテントを張る!だからこそ下に埋もれている幕を下から出せるのはちょっとだけ便利・・かも?笑


上蓋部分にある収納はあまりスペースはありません。財布と携帯くらいでしょうかね。
あとは付属のレインカバー


こちらがレインカバーになります。
着いてきましいた。青・・・か・・・いらんw


腰回りで止める部分にも収納は勿論あります。タバコはここかなぁ。


キャリングシステムを紹介


ショルダーの部分は上下に動かすことができるので自分に合った定位置に決められるのも良きポイントですね!肩への負担が減少され背中全体で背負い込めるのは徒歩キャンパーには嬉しい。


サイドの木製フレームに沿って上下に動きかチャッと止めればバッチリです。性能は単純明快なので説明書なんて入っていませんでしたが理解に困ることはありませんでした。


木製フレームにもフェールラーベンのロゴやスウェーデン語かな・・?なんか書いてあるけどかっこいい!笑


フェールラーベンのロゴが可愛いくて、これもポイントとしては高いのかな?
逆にいらないのかな・・・?汗

さて、今回はFALL RAVEN(フェールラーベン)のSINGI48のご紹介でしたぁ!AKB48的な48がちょっとじわるけど、軍幕好きにはたまらないダークオリーブ633に惚れ込むのです。
フェールラーベンの服なんかも揃えてみたいなと思うのですが・・・高っ!!